有名人の発言力

2020年6月12日金曜日

同世代で共有できたらな




先日、プロサッカー選手の本田圭佑選手が日本政府の中国批判声明参加拒否報道に怒りを露わにした投稿をしたとして話題になりました。
政府の見解を受け、謝罪をしていた記事も取り上げられておりました。




以前テニスの大坂なおみ選手も「アスリートは政治的に関わるな、ただ楽しませればよいという意見が大嫌い。第一にこれは人間の権利に関わる問題だから。そしてなぜあなたの意見の方が私より良いの? もしIKEAで働いていたら、IKEAのソファーの話しかしちゃいけないの?」と発言していましたが一部からスポーツと政治を混同させるなと意見も出たらしいです。




彼らは自分の職(給料、その他諸々)を犠牲にしてまでこうして社会に対して発言をしていることはすごく誇らしいことだと思います。
ただ、ファンの方には良くも悪くも『伝わりやすい』ことで、こういった意見があるんだけど君たちはどう思うか。という考えさせる発言を僕はしてほしいなと思いました。




こうして影響力のある人が人々(特に、ファン、子供)に与える影響はとてつもなく大きいと思います。
SNSが現代のホットワードであるように、伝わり方、拡散度もとてつもないものになっています。
僕は子供達にとって学校の先生より憧れのスポーツ選手が伝えたいこと、発信していることの方が何100倍も効果があるように感じます。
だからこういった人達が先生という職を超越してスポーツ選手としてのかっこよさとかだけではないことを子供に未来を見させてくれたらなあとこの本田選手の記事を見て思いました。




芸能人のスキャンダルとか流行り物とかのニュースは考えなくていいので聞いてて楽です。この記事を見て、本田選手だから見たけど、政治のことはわかんないやと思った方も大勢いるでしょう。
僕も正直詳しくはないですがこれを機に中国と台湾、その他諸国の関係性を改めて調べ直しました。
他人事と思わず、日常の会話でこんな話題を議論できたらなと思ったのでした。











CHAN