ピノから得た知識

2020年6月15日月曜日

食の知識



僕はチョコミント味のアイスが大好物です。
特にチョコチップミントは史上最強のアイスクリームと考えます。

まず実物は緑であるミントを青色のイメージにした天才は誰なのか知りたい。





と、まあ僕はそれが大好きなんです。

最近コンビニでこのピノを買った時にパッケージにASMR効果を使ったアイスであるとの表記をみて、興味が湧き購入しました。


そもそもASMR効果とは。
英訳でAutonomous sensory meridian response (ASMR)。
日本語では「自律感覚絶頂反応」。
見たり聴いたりするだけで快感のようなものに包まれて頭がトロけるような感覚を得られる現象のことを指すといいます。

例えば、耳元でささやく声やハサミで髪を切る音、衣擦れの音や紙をくしゃくしゃする音などを聴くことによって感覚が刺激され、快感のようなものを得られたり、と日常生活の中で何気なく聞き、感じていることです。
風鈴の音とかもそうなのかな??





ピノのパッケージデザインでは、『プチカリッ』というイメージを先に与え、食べた時にそれを感じることによって脳が心地よい方向に向かうという戦略。




僕の脳はまんまとピノの戦略に乗せられてしまいました。








科学的に検証されたのは最近のこととニュースには載ってましたが、大昔から人の思考の働いていないところでこういった現象は山のように起きていたのでしょう。





普段提供している料理にも何かそのような作用がもしかしたらたくさん含まれているかもしれません。










科学は得意じゃないので、あまり深入りはしませんが、『本能的に美味しい』という究極の料理を作れる人間になりたい。と思ったのでした。








CHAN