散財

2020年10月12日月曜日





やはり、都会というものは恐ろしいですね。






モノに溢れ、人に溢れ、それでも心地良いと感じれないと住めない場所です。

田舎に長いこと住んでいて時たま都会に出ると、やはり僕は『比較』をしてしまいがちです。
以前はそれを理由に長いこと都会に住んでいましたが、今ではそれを劣等感ではなく、かなりポジティブなものとして捉えれるようになりました。

何もない、だから都会にいく。

ではなく、

何もない、じゃあ作ればいい。

という考えに最近は至っています。


ただ、実際問題すぐに作りたいものを作れはしません。



しかし、ここ亀山だけでも少なからず、何か始めたい人はいるはず。




そういった人を探すアンテナを張りながら、これから色々自分で出歩き、面白いまちづくりをしていきたい。

久々の都会で色々な発見ができました。


(欲しいものありすぎてお金は飛びました、これは人生の投資だ)






CHAN